読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オブジェのようなペット

日常日記
こんばんわ

やまじんです。



あれは20年くらい前、中野で衝撃的なチラシを見た。

「爬虫類バーゲンセール」


生き物を安売りするとはけしからん。


そう思いつつ、なぜか蛇に興味を持っていたやまじん青年は店へと向かった。


店にはたくさんの爬虫類がいて、セールの対象になっている蛇、ボールパイソンに出逢った。


そしてセール最終日の数日後、持ち帰った。



彼の名はジョナサン


名前はKornというバンドのヴォーカルからもらった


ボールパイソンのジョナサンは14年後、空へと向かった。



彼は何人もの友達に悲鳴を提供してくれた。



指を噛まれて、折れた歯が1ヶ月くらい指の中に埋もれてた事もあった。

あれは痛かったな。



その後、新たに2匹の蛇がサンタと共にやって来た。

ブラックラットスネークのリューシスティックのシロ

f:id:uruma_zin:20150524231149j:image




セイブシシバナヘビのパグ

f:id:uruma_zin:20150524231329p:image


名前は弟が勝手につけた。


もう少し別の名前にしてほしかったが、なんか決まった。

彼が学生の時に飼っていたハムスター(ロボロフスキー)にウンチという名前をつけてあげたお返しだろうか。

そう。
話は反れるがハムスターのウンチが下痢で病院に行った事があった。


当然、診断が終わると呼ばれるわけだが、正直な弟は名前にウンチと書き、「ウンチちゃんの飼い主の方〜」とナースに呼ばれたそうだ。









蛇はとてもエコロジーな生き物。

数ヶ月何も食べなくても生きていける。

冬には自ら食を断つ奴もいる。



春を迎え、シロとパグは半年ぶりくらいのメシを今食べている。


モリモリと。


気温が上がると活発になるので、食べる時にたくさんあげるのだ。



まーいろんな意見はあるが、へびはとてもキレイなのだ。


f:id:uruma_zin:20150524231435j:image


エナメルのような鱗

じっと動かずとぐろを巻く姿

ひんやりとした体温(体温ないけど。。)

食べた生き物の血の一滴も無駄にせず摂取する。

f:id:uruma_zin:20150524231758j:image


残るのは毛だけだ。


鳴かないし臭わないので、OLに人気でもある。

爬虫類ショップに行くと、電車が好きそうなメンズや美人OL風な客がいるのにはビックリする。

男より、女のが爬虫類を好きなようだ。


毎日餌をあげるわけでもないので、飼ってる実感はあまりない。

なつく事もない。

可愛くもない。



でも、そんな蛇が好きだ。



f:id:uruma_zin:20150524234221j:image